らくてんちゃん料理講座

letian.exblog.jp
ブログトップ
2010年 08月 30日

焼き万願寺唐辛子

大阪の人間は「京都」っていうとちょっとかまえてしまいますからね、ようよう真実を見極めんとアキマセンな。万願寺とうがらしも京野菜と名乗ってますけど、まあ、ピーマンです(笑)。きょうは半分に切ってタネを取って魚焼きのグリルにならべて焼くだけ。焼き上がりに醤油、カボス汁をかけて味付け。これが意外といけますねん。直火で焼くと皮が焦げて唐辛子のエエ匂いがほんのりとしてきます。家人はこれをアテに焼酎のカボス割りをチビリチヴィリと、ご陽気なご様子でございます。

b0135698_20364351.jpg
[PR]

by rakuten-chan | 2010-08-30 20:35 | 野菜


<< 秋のかき揚げ      糖醋排骨(スペアリブの甘酢がけ) >>