らくてんちゃん料理講座

letian.exblog.jp
ブログトップ
2008年 01月 27日

牛すじ肉と大根の煮もの

日曜の朝、NHKの新・日曜美術館をチラリと見る。いま話題の洋菓子職人らしい人(金髪やけどジャップ)が等伯についてあまり内容のないコメントをペラペラと。まあこむずかしいことをいうて墓穴を掘ってるんは、たいがいスポーツ選手と料理人やからなあ。
漢字や熟語もなるべくむずかしそうなんは使わんほうがええんやないかと、バカは。わたしなんか身にしみてますから。例えば「蒐集」。これはごく最近まで「きしゅう」と読んでた。典型的な百姓読みでんな。「一触即発」も危ない。「いっぱつしょくはつ」とちゃうからね。「喧々囂々」「喧々諤々」「侃々諤々」はワケがわからんのでぜったい使わない。でも最近は「凡例」とか「不問」とか「更迭」とか、やっとマスターしつつある。
むかし深沢七郎の「楢山節考」を「ならやませつこう」と読んで、人から「そう読むほうがむづかしい」っていわれたことがあったなぁ‥。

b0135698_1315591.jpg
[PR]

by rakuten-chan | 2008-01-27 13:18 |


<< 小松菜のオイスターソース炒め      牡蠣のジョン >>