らくてんちゃん料理講座

letian.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:肉( 50 )


2011年 11月 18日

ダール豆入りチキンカレー

先日、神戸で仕入れたダール豆でカレーを作る。ダールはインドでの呼び名で日本ではレンズ豆のほうが一般的。そのレンズ豆にもいくつか種類があって、オレンジ色やら茶色やら緑色やら皮付きやら皮を剥いたんやら、大きさもいろいろ。
むかしインドで、地の辛い(からい)辛い(つらい)カレーに往生していたときに、逃げ道となったのがこのダール豆のカレーだった。カレーといってもスパイスはそれほど効いてなくて、かなりあっさり味。豆のスープという風情でベジタリアンの定食には必ず付いていた。まあ、家でその味を再現しても飯が喰えんので、きょうはチキンカレーに放り込む。あと、野菜はブラウンマッシュルームをたっぷりと。

b0135698_17583137.jpg
[PR]

by rakuten-chan | 2011-11-18 17:55 |
2011年 08月 05日

豚バラ肉と冬瓜の炒めもの

気圧が低めなうえに、描きたくもないイラストの仕事がはいって、けっこう憂鬱。おまけに描いたイラストは未来永劫に使い回される(もちろんタダで)という運命が待ちうけている。まあ、B級デザインの現場って、こんなもんでしょう。
それでも腹はへるので晩飯をつくらんとね。まずはこのあいだ道の駅で仕入れた冬瓜を豚バラ肉とさっと炒める。味付けは塩と酒、あと醤油をちょびっと。胡椒は荒めに挽いてたっぷり。炒めた冬瓜もなかなか旨いですわ。

b0135698_193031100.jpg
[PR]

by rakuten-chan | 2011-08-05 19:28 |
2011年 03月 04日

スペアリブと大根の辛味煮込み

豆板醤を効かせた煮込み料理です。飯がけっこう喰えます(笑)。スペアリブは一口大に切って醤油をまぶしておきます。大根も一口大に切って軽く湯がいておきます。あと野菜は生シイタケ。薬味にネギ、ショウガのみじん切り少々。まず、油を200℃ほどに熱して(すこし薄煙が立くらい)スペアリブをさっと揚げます。表面だけキツネ色になったらOKです。中華鍋に油を大さじ1ほど入れ、豆板醤、ネギ、ショウガを香りが出るまで炒めます。スペアリブ、シイタケを入れ軽く炒め、水を200ccほど入れ、醤油大さじ2、砂糖小さじ1.5、酒大さじ1で味付け。大根を入れ落とし蓋をして5〜6分煮込みます。最後は強火で水分を飛ばし、片栗粉でとろみをつけたらできあがり。

b0135698_2022086.jpg
[PR]

by rakuten-chan | 2011-03-04 20:01 |
2011年 02月 12日

猪肉ジャガ

三田で仕入れた猪肉は三州岡崎カクキューの八丁味噌で仕立てた鍋にしましてん。山椒をぱらぱらと振って、この季節、ジビエもなかなかええモンです。きょうは残りの肉をどう始末するか、頭をひねったんですが、ほとんどの脳細胞が冬眠してて思いつかんので、テキトーに肉ジャガにしてみました。品種改良が頂点に達したんでしょうか、このところジャガイモはまったくハズレがありませんな。きょうのイモは鹿児島産の「新ジャガ」というふれこみ。なんでも日本列島は南北に長いので、ほぼ一年中どこかの産地でイモが収穫されてるみたいですわ。まあ、とにかく、きょうのイモも旨かったです。

b0135698_20124693.jpg
[PR]

by rakuten-chan | 2011-02-12 20:12 |
2011年 01月 24日

鶏肉と空豆の辛味炒め

早くも空豆が出てます。春はまだまだ先ですけどね。きょうは鶏肉といっしょに豆板醤で炒めてみました。
まず、鶏肉は一口大に切って醤油をまぶしておきます。空豆はサヤから出して湯がいて皮をむきます。あとの野菜は白ネギと生シイタケ。香味野菜はショウガ、ニンニクをみじん切り。合わせ調味料は醤油、砂糖、酢、酒、片栗粉少々。まず中華鍋に油をひいて鶏肉の両面をじっくりキツネ色に焼きます。火が通ったら鍋から取り出してショウガ、ニンニク、豆板醤を炒めて香りを出し、シイタケと白ネギを入れ炒めます。鶏肉と空豆を鍋に戻し合わせ調味料で味付けてできあがり、です。

b0135698_20181988.jpg
[PR]

by rakuten-chan | 2011-01-24 20:17 |
2011年 01月 21日

牛タンと搨菜(ターサイ)のオイスターソース炒め

寒くなってきたのでアブラナ科の野菜が甘くなってきましたね。ターサイは結球しないでベローンと地べたを這うように大きくなる菜っ葉なんですが、霜の降りるいまごろが旬です。きょうは牛タンと炒めてみました。タンは厚めの薄切り?で一口大に切って塩、コショウしておきます。ターサイは一枚ずつ葉をむしって、外側の大きなものは適当に切ります。中華鍋に油をひき、荒みじんに切った白ネギ、ショウガ、XO醤小さじ2ほどをよく炒めます。牛タンを入れ、からめるようにじっくり炒めます。肉に火が通ったらターサイを入れ強火でいっきに炒め、オイスターソース、酒で味付け。すこし濃いめの味付けでとろみをつけずに仕上げます。

b0135698_20214642.jpg
[PR]

by rakuten-chan | 2011-01-21 20:20 |
2010年 08月 07日

糖醋排骨(スペアリブの甘酢がけ)

いつも神戸の上海料理屋でよく喰うんですけどね、けっこう甘いんです。まあ、上海料理は砂糖がよう効いてる、っちゅうとこが値打ちなんですが‥。いまどきですから(糖尿やし)きょうはちょっと甘さ控えめで作ってみました。スペアリブは2、3cm大に切って(骨ごと)酒、塩、醤油で下味を付けて溶き卵、小麦粉、片栗粉をまぜて油でじっくりキツネ色に揚げます。甘酢あんは、酢、砂糖、水がそれぞれ50ccほど。あと醤油、酒が少々。きょうはバルサミコ酢、練り梅、紅生姜の細切り、XO醤を隠し味に少しずつ追加。こいつらを鍋で沸騰させて水溶き片栗粉でとろみをつけてスペアリブとからめたらできあがりっス。

b0135698_20393310.jpg
[PR]

by rakuten-chan | 2010-08-07 20:38 |
2010年 04月 14日

牛肉と筍のXO醤炒め

さて、きょうの素材ですが、野菜は筍をはじめ、ブロッコリー(プチ)、生椎茸、ネギと、どれも猪名川の道の駅の売れ残り(というても昼すぎでしたから残ってたわけやないんですけど‥)に、牛肉がこれまたスーパーで時間超過で降格の烙印シールを貼られてたタスマニア産のバラ肉、というエコノミーな布陣。筍は湯がいたあと、適当に切って油で色づくまで揚げるとジクジク感が増して中華的な味わいになります。牛肉は醤油、酒、卵、片栗粉少々で下味をつけておきます。まず、ネギ、ショウガ、XO醤を炒めて香りを出し、そこへ油通しした材料を入れ、さっさと炒めて味付けは醤油、砂糖、酒、オイスターソースで。きょうは片栗粉も入れて合わせ調味料にしときました。

b0135698_17501964.jpg

[PR]

by rakuten-chan | 2010-04-14 17:46 |
2009年 05月 07日

仔羊肉のグリエ

ラムは肩肉のスライスです(わりと厚め)。オーストラリア産でリーズナブルなお値段(これだけで500円ほど)。まずはラムをマリネ液に漬けます。赤ワイン、レモン汁、醤油、生のコリアンダー(葉、種、茎)、胡椒、チリパウダー少々で小1時間といったところでしょうか。添え物の野菜(エリンギ、タマネギ、三度豆)を先に炒めて皿に盛りつけます。つぎにラムとぶつ切りのトマトをグリルします。火が通るころにはトマトはピュレ状になってますから肉とからめて盛りつけます。ちかごろ肉のメニューが多いのは肉体労働のせいでしょうか‥。

b0135698_11565297.jpg
[PR]

by rakuten-chan | 2009-05-07 11:58 |
2009年 04月 19日

鶏肉団子と筍の煮もの

布施の商店街で買った泉州産のタケノコを中華風に。タケノコは湯がいてから、うすく味のついただし汁で焚いて一晩、下味をしみ込ませてます。鶏団子はミンチに酒、塩、こしょう、卵、片栗粉、ショウガ汁で味付けして、丸にとり湯がきます。湯がき汁はスープですからね、捨てたらアカンですよ。中華鍋にごま油を入れショウガ、ネギのミシン切りを炒め香りを出します。団子、タケノコ、シイタケ、それにさっきのスープをヒタヒタに入れ塩、酒、醤油はほんのちょっと、で味付け。5分ほど煮込んでとろみをつけたら出来上がり。散らすのは香菜でもいいんですけど、きょうは木の芽で。

b0135698_1491160.jpg
[PR]

by rakuten-chan | 2009-04-19 01:48 |