らくてんちゃん料理講座

letian.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:野菜( 84 )


2011年 11月 15日

芥藍菜のオイスターソース炒め

神戸の中華街で買った芥藍菜(カイランサイ)を調理。芥藍菜はアブラナ科の中国野菜で、まあ、風情は細長いブロッコリーといったところ。かつて、ロンドンのチャイナタウンの中華食堂で、地の人がこぞってこの細長い野菜を喰っていたのを見てわれわれも注文。味付けは葱、生姜風味のオイスターソース。ぽきぽきと独特の歯ごたえがあって、なかなか旨い。なんという野菜かと店の人に尋ねたら、鼻から息の抜けた声で、がいらんちょい、と教えてくれた。以来、各地で探し回るのだが、なかなかお目にかかれない。日本でも作っている農家は少なく、きょう買ったのは九州産だった。ロンドンの食堂を思い出しながら適当に作ったが、たぶん似たような味になったはず。

b0135698_1833066.jpg
[PR]

by rakuten-chan | 2011-11-15 18:01 | 野菜
2011年 07月 22日

ラタトゥイユ

夏の献立といえばこれ。ラタトゥイユ。

b0135698_19393944.jpg
[PR]

by rakuten-chan | 2011-07-22 19:39 | 野菜
2011年 07月 15日

小芋とこんにゃくの炊いたん

冷蔵庫の奥に待機している、こないだ買った青い柚子がずっと気になっていて、なんせ400円もしたから、腐らしたらエライことですやんか。柚子の皮をおろしてぱらぱらふりかける献立を考える。スーパーに小振りな?小芋があったのでこんにゃくと焚くことに。青い柚子の皮をおろすと初夏の雰囲気が充満しますな。いまごろの料理屋の献立やったらガラスの器で滝川豆腐にふり柚子、掻敷に楓、っちゅうとこですか。

b0135698_19432890.jpg
[PR]

by rakuten-chan | 2011-07-15 19:42 | 野菜
2011年 05月 29日

茄子とピーマンの揚げ煮

ギャラリーあしたの箱で開催中の「ZINEとリトルプレス〜じぶんでつくる本〜展」を観に、歩いて岸ノ里までいく。大阪も夕方には台風が接近するみたいで雨がせいだい降っていましたが、コヒージョンジャケット着てきたから、なんちゅうことはないですわ。さすがに足下はびちょびちょですけどね。ギャラリーで小一時間ほどマッタリ過ごさせていただいて、また風雨の中、帰途につきました。帰り道、晩のおかずはなんにしょうかなと考えても、雨の日は湿気が多いですから脳味噌も湿っとるんですな、これや!という献立が思いつきませんわ。耳元で、ソース焼きそばでエエやんか、って悪魔がささやきよったんですが、まあ、なんとか踏みとどまりました。茄子とピーマンの揚げ煮はちょっと季節的には早いかな。器は天野雅夫さんの三島手盛り鉢。

b0135698_19573033.jpg
[PR]

by rakuten-chan | 2011-05-29 19:56 | 野菜
2010年 12月 27日

赤蕪と薄揚げの炊いたん

先日、屯鶴峯を目指して府道703号沿いを歩いていたらミカンと野菜を売るオバちゃんの店、というか露店があった。喉が渇いていたのでミカンを一袋買って、ほかになんかええモンないかいなぁ、とあたりを見やるとスミのほうで赤い蕪が山積みになっている。どうも近所の道の駅に卸すらしくて、オバちゃんは袋詰め作業の真っ最中。なかなかうまそうなので3つほど分けてもらう(150円)。
基本的に蕪は塩をして生で喰うんがいちばんうまいと思うのだが(あとは蕪蒸しかなぁ)きょうは薄揚げといっしょに焚いてみた。スーパーで売ってる蕪なぞは風味が薄くて焚くと大根やらなにやらわからんようになるけど、この赤蕪は香りがしっかりしていてそのうえ甘い。ほんのり赤いのも年末年始っぽくて、なかなかオツやないかと。

b0135698_20291669.jpg
[PR]

by rakuten-chan | 2010-12-27 20:27 | 野菜
2010年 10月 11日

秋のかき揚げ

秋、というても銀杏だけなんですけどね(笑)。あとはゴボウ、ミツバ、生シイタケ、三度豆、シラサ海老ってところです。芭蕉の皿がちょっと季節外れ、かと思てたんですが季語では秋やそうです。

b0135698_22202446.jpg
[PR]

by rakuten-chan | 2010-10-11 22:20 | 野菜
2010年 08月 30日

焼き万願寺唐辛子

大阪の人間は「京都」っていうとちょっとかまえてしまいますからね、ようよう真実を見極めんとアキマセンな。万願寺とうがらしも京野菜と名乗ってますけど、まあ、ピーマンです(笑)。きょうは半分に切ってタネを取って魚焼きのグリルにならべて焼くだけ。焼き上がりに醤油、カボス汁をかけて味付け。これが意外といけますねん。直火で焼くと皮が焦げて唐辛子のエエ匂いがほんのりとしてきます。家人はこれをアテに焼酎のカボス割りをチビリチヴィリと、ご陽気なご様子でございます。

b0135698_20364351.jpg
[PR]

by rakuten-chan | 2010-08-30 20:35 | 野菜
2010年 08月 06日

ゴーヤチャンプルー(麩入り)

麩入り、っていうのは炒り卵の部分にもどした麩をしのばせてありますねん。卵を溶いてその中に麩を放り込んでちょっと多い目の油で炒め、いったん取り出しときます。また鍋にごま油をひいてモヤシ、青ネギ、苦瓜を炒めて塩、こしょう、酒で味付け。きょうはXO醤を小さじ1ほど入れて隠し味にしました。炒り卵を戻して2、3回鍋を振ったらできあがりです。麩を入れてとくに、おいしくなった〜、とか、お得感があるわ〜、とは思いませんけど、まあ歯触りがちょっと変わる趣向ですな。このアイデアは沖縄産の麩のパッケージに載ってました。

b0135698_2364431.jpg
[PR]

by rakuten-chan | 2010-08-06 23:05 | 野菜
2009年 11月 11日

切り干し大根

町の食堂で定食に一口くらいついてることがよくありますな。まあ大衆食堂の雰囲気をかもし出す一品、っちゅうとこでしょうか。うちは食堂じゃあないんですけど好物なんで大量に作ります。たぶん大根一本くらいは軽く食べてるかも‥。焚くのは水でもかまいませんが、きょうは煮干しの出汁にしました。切り干し大根は水で10分くらいもどせ、って袋に書いてますが5分くらいでいいですね。ちょっと歯触りのあるくらいのほうが旨いと思います。ベロベロにもどすとカントリーなムードが出すぎてしまいますから。最初、大根とニンジンは鍋にゴマ油入れて軽く炒めてくださいね。

b0135698_2229361.jpg
[PR]

by rakuten-chan | 2009-11-11 22:29 | 野菜
2009年 09月 23日

小芋と揚げ豆腐の煮もの

秋の煮物。小芋は羽曳野の巨大道の駅「アスカテクルデ」で購入した南河内郡産。一部ズイキ化してるけど柔らかくておいしい。揚げ豆腐はもちろん家で揚げます。揚げたては豆の香りがよろしいな、香ばしくて。高温の油で一気に揚げるのでちょっとコツと勇気がいりますけど。おろした柚子の皮を散らしてどうぞ。単なる煮物ですけどね、手をかけたらけっこう贅沢ですなあ。

b0135698_2203362.jpg
[PR]

by rakuten-chan | 2009-09-23 22:00 | 野菜